派遣社員がたくさん辞めていった。ケアハウスの実態

ぽんたかのユーチューブ登録してくれたらうれしいな
ぽんたかのユーチューブ登録してくれたらうれしいな

いろんな施設や派遣会社をためしたい。結婚相手も探したいということで2,3ヶ月でいろんな職場を転々とする予定だったのに気になる子を他階で見つけたのでアプローチできるまで居座ることになってしまってもう10ヶ月たってしまった。今まだアプローチできていないが。時間ももったいないので11月30日で絶対辞めるつもりである。

最近の施設の様子

この10ヶ月でだいぶ仕事は分かってきたが今だに申し送りは苦手。

新しい入居者がたまに面倒くさい。タバコも1日4本前後吸うんだが施設側で管理しなくちゃいけない。更にたまにかなり怒って暴力を振るわれた職員もいる。

私も先日かなり怒られた。もう20時近くに入ったばかりの派遣社員がその人がシャワー浴びると言っていると言うので見に行くとすでに全裸で居室内に立っている。居室にシャワーがあるんだがどうしても浴びると言って、どう説得してもダメだった。無理やり止めさせればもっと怒って大変なことになる可能性99%。でも転倒でもされたら責任問題なので嫌だったが結局見守りしてシャワーしてもらった。

記録もしなくちゃいけないので1時間近く残業。もちろん残業代は申請しますよ。私が世の中でい一番嫌いなのがボランティアなんだから。

最近私の階も派遣社員が増えて多い時は4人まで増えた。今月はけっこう余裕のはずだったが1人は10日間くらいで辞めてしまい。もう3ヶ月近くいる60歳過ぎ位の女性派遣社員は今だに仕事を何していいか分からない状況。この人と朝一緒になると仕事がなかなか終わらなくて困っちゃう。

最近入居者の状況も悪化してきたし。今入院中の人が戻ってきたらどうなってしまうかと思うとちょっと怖い。

残業が1時間増えれば25%増しの事を考えれば2000円も増えるからかなり美味しいから、まあ良いんだけど、1日で日給15000円くらいになる。

今回は大変な入居者の状況と派遣社員の状況をお伝えします。

大変な入居者

  1. 入居者A 機嫌がいい時と悪い時があり、悪い時の方が多い。車椅子で徘徊し他室に入ることもしばしば、更に床にツバ吐きもしょっちゅう(多い時は恐らく1日で30回以上)。食事も2つに分けたりテーブルまで誘導しなくちゃいけない、ちょっと食べると居室に戻っちゃってまた連れてこなくちゃいけない、2回くらい。排泄も拒否(ツメを立ててにぎってくる。ツバかけられた事もある)があるし立つのも大変なので排泄介助もかなり大変。私は今は拒否が強い時でも、ベッドからでもなんとかトイレまで連れって介助できるが、女性職員はかなり大変だと思う。たぶんこの人の排泄は嫌がってる人は多い。
  2. 入居者B 立位がかなり不安定なのに立とうとしてしまう事が多い。この人が立ちたいモードに入ると超面倒くさい、トイレで使う新聞畳みお願いするか、どうしてもダメな時は居室に連れて行って寝てもらう。更にそれで寝てくれればいいが起きようとするとタチが悪い。食事中に他の人が個人のヨーグルト食べてるとそれを見て私も食べたいとずっと言っている。ヨーグルト食べてる人に見えないように食べてくださいと言うのも『なんで私が気使わなくちゃいけないのよ』みたいになるから大変である。
  3. 入居者C 最近入った男性。最近はあまり無いが外出したい願望がひどい時もあった。なだめるのにかなりの労力が必要。更に食事の味が薄いと何人かの職員に食ってかかった事もあり。『俺は軍隊で~だったんだ、何でもできるんだ』みたいな事を言っているがトイレやベッド上で便失禁することもあり大変。
  4. 入居者D しょっちゅう話しかけてくる人。認知症では無いのかな、たぶん。しかし会議中でも話しかけてくる。『ヨーグルトやパックコーヒー持って来てちょうだい、これカロリー低いの?』。テーブルや風呂のカゴもキレイにしてと言う。この人の入浴介助の時が一番嫌だ。時間無いのにのんびり入る。すいません今日は時間が無いので早めにお願いしますと言うと、『じゃあ、入らない。お兄さん良い人だと思ってたのに』と言い出す。便ついてる時もしょっちゅうあるのに潔癖で超面倒くさい。何か頼む時によく『申し訳ない』と言うがそれが逆にイラっとくる。申し訳ないなら黙っててほしい。たまにトイレで大量便失禁する。
  5. 入居者E 車椅子の女性。自走するがかなりゆっくりで本人もかなり疲れる様子。なので食事時のフロアのテーブルまでの行き帰りは介助が多く。トイレも介助しないと失敗することも多い。コールを押してとお願いしても遠慮してしまい呼ばないことが多い。入居者の中では一番私と仲がいいかな。
  6. 入居者F 最近腰を圧迫骨折?したのかな。元々歩行器で歩いてる人だが、寝てる時はいいが起き上がると腰をかなり痛がり、それまでは食事の声掛けだけで良かったのに今では超痛がってるを無理やり起こしてフロアに連れてこなくちゃいけない。更にコールをしょっちゅうする。『目が覚めたんだ』そんなコール勘弁してくれよ。『布団かけ直してくれ、暑いんだか寒いんだか分からねえんだよ』等。
  7. 入居者G 最近だいぶ良くなったが背骨の圧迫骨折した人。元々車椅子で自分でできていたが今ではトイレや起きるのを介助が必要ちょっと大変である。
  8. 入居者H 寝たきりの人、意識も無い。胃瘻なので食事は居室で。おやつだけフロアに車椅子で連れてきてアイスクリームをちょっとだけ口に入れる。意識ないのにほぼ咳き込む事はない、不思議だ。そんなに大変な人では無い。
  9. 入居者I 寝たきりの人。たぶん両方脳梗塞したのか両手足共に動かなく固まっている。毎回フロアに連れてきて食介する。どっかの病院の婦長だったらしいが、今では下品な発言や『バカ野郎、バカー、』などの発言。気に入らないと職員に向かって(ぶーーーっ)とやったりする。それほど大変な人ではない。
  10. 入居者J 歩行器でなんとか歩ける人。何かする時は付き添わないといけない。それほど大変では無いが付いてなくちゃいけないので時間が取られてしまう。今入院中なのだが帰ってきてどうなっているか調子が上がっていればいいが下がっていたら仕事がかなり大変になりそう。今は職員の状況も悪いので。

現在満床で16名、その他の人は特に問題はない。

辞めていく派遣社員

私がこの施設に入って10ヶ月その間に社員が3人くらい派遣社員は10人近く辞めたか、もちろん入ってくる派遣もいる。私の知っている限りの情報である。何人かに時給を聞くことも出来たのでご報告。下に書くのは全員派遣社員です。

  1. 60歳近くの男性だったか、余りにも使えないので施設側で派遣の延長をしなかった。
  2. 40歳位の女性。性格に問題があったようで2ヶ月で施設側が延長しなかった。
  3. 55歳位のでっかいガッシリした男性。本当か分からないが責任をけっこう負わされると言い自ら延長しなかった。
  4. 私と同日に入った45歳くらいのフィリピン女性。かなり短気なせいか。怒って突然辞めていった。
  5. その他にもいろいろ辞めていったが他の人は分からない。仕事が思ったより大変なのか嫌な同僚がいるのか。
  6. ここからは私の階。最新で入った人は170センチくらいで120キロ位ありそうな人で指が太すぎてLサイズのグローブも入らない。夏場だったので汗だくだくではーはー言ってた。大丈夫かなと思ったらやっぱり10日くらいで辞めちゃった。

他に私のフロアに3か月前に入った60歳過ぎの女性。年のせいかかなり覚えが悪く怒られてばっかりだったから辞めちゃうか延長されないと思っていたがとりあえず1回延長。本人に聞くと前の派遣先はすごくうるさいのが多かったようで超怒られてばかりですぐ辞めちゃったそうだが、私の階はまあまあうるさいのが2人いるくらいなので耐えられるようだ。でも早番が7時からなんだがいつもフロアに来るのが丁度かちょっと過ぎる、知らなかったけどけっこうな遅刻する事もあったようだ。3か月たった今まだ次に何やっていいか分からず呆然と立ち尽くしていることもまだあるその人。まあ私も近いもんがあるが><

もう一人2ヶ月くらい前に入った60歳すぎの男性派遣がいるのだがその人は仕事はできるが両耳がけっこう悪くけっこう大きい声を出さないといけないのがちょっと大変。男性の中では一番仲は良い。先日は体調不良で3日休んだ。忙しくなって来ている今の状況でその人と2人だけになると大変なんだよなー。早くまともな派遣入ってくれないと大変だよ。私もあと2ヶ月ちょっとで辞める予定だし。

知っている限りの他の派遣社員の時給

  1. 私が最初に使った派遣会社のクリエイトから来ていた女の子 1100円。派遣かよと言うくらいに安い><ちなみに私はクリエイトで始めてこの会社に入った時に1450円だった。
  2. 特養経験のある実務者研修ありの女の子 1500円。
  3. 60歳過ぎくらいの人 1400円。
  4. ちょっとの経験と無資格の女の子 1400円。
  5. 60歳過ぎの仕事のできない人 1500円 ><正直ビックリ

そして私は1600円(*´∀`*)派遣はいいなー

1600円はなかなか難しいかもしれないけれど、場所によっては無資格未経験だと1200円くらいもらえるかと思います。経験有りでヘルパー2級でもあれば1400円くらいは行けると思います。

お薦め介護の派遣会社 厳選

最後までありがとうございます。

あなた゚(゚´Д`゚)゚間違いなく天国に行けます。無いけど。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする