想像とはかけ離れていた有料老人ホーム

ぽんたかのユーチューブ登録してくれたらうれしいな
ぽんたかのユーチューブ登録してくれたらうれしいな


派遣での2か所目の介護施設は有料老人ホーム。有料と言えば入所金がとても高く入居者には丁寧な言葉使いをする必要があるイメージだった。

最初に入所金をたくさん(800万位)払って毎月20万位払うタイプと
最初に50万位払って毎月30万位払うタイプがあります。
雑費でもうちょっと増えるようです。

今回の有料は母体はかなりい大きいようだった。入職直前に同じ名前の関連施設で職員による殺人があった。ビックリである。働き始めてその話については全く聞くことは無かった。

それでは私が入った施設の全貌をできる限り明らかにします。

敬語のほうですが、今までいた施設のケアハウスなどと特に変わらない。全然すごい敬語で話している職員はいなかった。それどころかイライラモードでキツイ言い方している職員もまれにいました。私は基本丁寧か優しくか話すのでそれで十分な感じだった。そのうち超丁寧に話さなくちゃいけない有料老人ホームにも挑戦してみたい。

介護フロアは4階あり、私がいた階は満床23名のところ18名しかいなかった。18名でも前回の施設が16名だったから、それより多いので記憶力に自信のない私はちょっと覚えられるかビビっていた。

直前のケアハウスでの経験もあって昼間の仕事でもだいぶ自信がついたので初日から余裕でいた。しかしかなり頑張って急いで小走りで働いていたが2日目で同行の人に仕事が遅いと注意された。分らない事も多いし想像していたよりけっこう仕事に行くのが憂鬱になっていた。

3日目くらいで男子更衣室で事務所の男性職員に『どうですか、慣れましたか』と聞かれまだ全然仕事が遅いですねーと言うと『まだまだ始まったばかりですよ』と言われけっこう気が楽になった。やはりそういうのがあると不安が軽減されるのでありがたい。新しい施設での働き始めはやはりけっこう憂鬱になるので、いろんな施設を短期間で転々とする計画が不安になってきた。

ちなみに介護施設でよく見る3対1は利用者3人に対して職員1人で介護するのかと思っていたんですが、そうではなく3人に1人の割合で会社に在籍してればいいという事らしいです。

例えば9名の利用者の施設では常勤(実働8時間)で週5日働いている職員が3人在籍していればいい。それで基準は満たすそうです。つまり3人8時間づつで24時間になるので常時いる人数はたったの1人。9人に対して1人しかいないとはかなり少ないですね。夜は寝てるので1人でいいですが昼間はいろいろしなければいけない事があるので最低2人はいないとキツイですね。

この施設では1人で18人を見なければいけない時もあるのでなかなか大変です。22名くらいいるし利用者も大変な階もあるようなのでその階は2名の職員がいることが多いようです。

レクリエーション 週に3回くらいは踊りやら何か作ったりしていた。担当の人がいて私は関わる事は無かったが。

忙しすぎる日勤の仕事

とりあえず、ある職員に帯同(同行)した。そんなに気さくではないので苦手なタイプだ。予定表を見るとしばらく何日か連続でその人に帯同しなければならない。嬉しくないな。更に初日の排泄をさっそく自分一人でやらなくてはいけないのだが突然やな感じのナースが何かの処置に入ってきて10時半までに排泄終わらせてもらわなきゃ困るんですけどと嫌な感じで言う。うぜーーー。今日が初日なんですけどと思いながら。『は、は、はい』と普通に答えた。

一通り日勤の仕事を3日くらい教えてもらい、だいたい覚えたが慣れてないので時間がかなりかかる。

日勤の基本仕事内容

  1. フロア日誌を確認
  2. 配茶
  3. 排泄介助:陰洗もする6名のオムツ交換※入浴する方は陰洗はしない。
  4. 4部屋くらいの掃除
  5. 3部屋くらいのシーツ交換

とりあえずこれを9時から11時までにやれとのこと。どんなに達人になってもできるわけがない。嫌がらせかと思った。

その間にもコールなどで呼ばれることも結構ある。

しかし、後で分かったが他の時間帯の人が手伝ってくれることもあるし、掃除とシーツは午後でも大丈夫だった。最初に帯同した人はスパルタだったのかな。

4日目にはほぼ1人立ち><はえー。前の職場はもっと同行してくれた。

それと昼ご飯の提供食事介助もあるし記録もある。

私の最も苦手なことは配茶、記録である。

配茶は食事の時は全員ほうじ茶で簡単だが10時と3時のおやつの時は紅茶水分ゼリー緑茶の3種類を分けて出すし居室にもっていかなくちゃいけない人もいる。他の人のお茶を取るかもしれない方がいると言われてたので気になってその方の近くにお茶出しづらいし、ほんと配茶するのが覚えが悪いので最初は超時間かかってた。

排泄も時間がかかる。パット交換だけで大変じゃない方なら5分もかからないが、脚を曲げて硬直してる方の陰洗もする場合はどんなに頑張っても10分はかかってしまう。慣れても10分くらいかかりそうだ。

記録は食事量や排泄記録、個人の記録をパソコンで入力しなければならない、それもなかなか慣れなくて入力に超時間がかかる。

他にも細かいことはあるが、日勤の仕事はこんな感じ。

早番はほとんどお風呂介助

人生初の大勢の入居者を3人の職員で入浴介助する。無理すれば10人くらい入れそうな大浴場。イスに座ったまま入浴できるチェアー浴。寝たまま入浴するストレッチャー浴。全てが初めてで良い勉強になった。これでまた1つできる分野が増えた。うれしいな。

大浴場浴はどんどん洗っていって階段と両サイドに手すりのある風呂に浸かってもらってどんどん出て服を着てもらう。1人で全部できる方もいる。半身麻痺でもそれに入る方もいた。さすがにたくさん入るのでけっこうな垢が浮いてくる。時間があればすくって取ったりする。

1度ひどかったのは、間に合わなかったのだろう。下痢便が湯船から洗い場に2m位の距離で落ちていた。まあまあの量の便が浴槽内にもあった。でも湯を入れ替えてる時間なんて無いからそのままであった。ちょっとすくってはいたが。

チェアー浴は特殊な車イスに座ってもらいそこで体を洗いその車イスごと湯船になる浴槽にに車イスごと入ってもらいすごい勢いで隣のタンクから湯船にお湯が入っていく仕組みです。湯船の栓を忘れることが最初は多かったが最後のほうには全く忘れなくなった。他にも湯船に入る時に足や手腕を挟まないようにおぼれないように注意するといういい勉強になった。1人が湯船につかっている間に他の方をただのシャワーチェアーに座ってもらい洗って入浴の方が出たら入浴用チェアに座り直してもらい入浴してもらうという流れだった。

ストレッチャー浴は寝たまま移動できる台車で居室から脱衣所まで押して来て、風呂場で二人がかりで特殊な機械浴の台に利用者を乗せて1人の職員が洗髪し体を洗ってその台を湯船にスライドさせ湯船がせりあがってきて入浴できる構造であった。台のサイドガードをかけ忘れないようにと体にベルトを巻いたり利用者に入浴時にタオルをかけたりと、これらも初めてで勉強になった。

お風呂の準備や最後の掃除や後片付けも勉強になった。

脚に装具を付けた方など、いろんなタイプの不自由な方を入浴介助も勉強になったが一番強烈だったのは帯状疱疹で触れると怒って大暴れする方がいた。辞めるまでに3回くらいの職員のメガネが飛んだのを見た。『あららーまたメガネ飛んでっちゃったよ』と思って見ていた。

その方を入浴させる初めての日にある若い女子職員がひっぱたかれて髪つかまれて振り回されてた。助けてあげたかったがその方の事をよく知らないのに余計なことしてもっと怒らせたら余計事態が悪化しそうなので止めてくださいと言うくらいしかできなかった。えらいとこに入職したもんだと思った。

何度目かの介助でその方の右後ろにいたのだが大きく振り回した手が私の腹部を直撃。こんな位置でも気が抜けないとはなかなかのつわものである。なのでその人に近寄る時は常にお腹に力を入れていた。最初のうちはその方の入浴の日は不安だった。

初めてその方の体を洗って入浴までした。そこまではあまり怒られずに済んだので、痛い所に触れさえしなければ大丈夫と少し気が楽になった。

しかしその方は脚が弱くしっかり立てないのに立ちながらオムツを付けなければいけないのは大変だった。その時に一番お怒りになることが多く、ある職員が腕を噛みつかれ『ちぎれる、ちぎれる』と言っていたので、どうにかしないとと思ったが入居者に怪我でもさせたら私が警察に行かなくちゃいけなくなる可能性もあると思い何もできなかった。お気に入りの職員だったら警察覚悟で口を開けさせる方法を知ってるので開けさせたかもしれないが。ちぎれはしなかったもののかなり痛がりアザになっていた。

うまく対応すればほとんど怒らずに済むのが分かったので不安はなくなった。

この施設は脱いだ服は基本業者に洗濯に出す。それも初めての経験だった。

早番はお風呂以外に朝刊仕分けお風呂場の準備、朝食の提供と服薬、口腔ケアなどと昼食後のフロア対応がある。

遅番もほとんどお風呂介助

遅番は職場に到着してすぐお風呂介助。昼食提供ごみ捨て夕食提供から就寝介助で終了。

勤務時間は早番7時~16時。日勤9時~18時、遅番10時~19時。夜更かしの私には遅番が一番ありがたい。

休憩は基本早番11時半から、日勤12時半から、遅番3時からである。


入居者について

入職した時は18名だったが亡くなったり入院中で途中からは16名になりけっこう楽になっていた。夫婦で入っていた二人部屋から一人部屋になった入居者がしょっちゅう昔の部屋に行ってしまい『表札が書いてあるのに入れない』と言う。なぜ表札を消さないのかある職員に聞くと入居者が少しでも多く見せたいからだそうだ。

私の階は胃婁の方が2名。ほぼ寝たきりの方が2名。他室に入ってしまう問題あるレベルの入居者が1名。しっかりした方が1名。全盲の方もいた。なかなか出会う機会の無い全盲の方に対する対応ができたので貴重な体験だった。車イス2名。あとは軽い認知症の方々。

最初の頃しっかりした方の部屋に掃除機かけますと入った時に『あなたせっかちね、前に言ったでしょ私が出て行ってから部屋に入って掃除機かけてよと』やな感じで言われた。覚えがないんだが、しかしうわの空で人の話を聞いてしまう事が仕事中でもまれにあるので言われたのかもしれないが頭にきてその方は心のブラックリストにのせた。しばらくしておやつで出した緑茶が半分残って返された事があり、おいしくなかったですかと聞くと『ぬるくて薄いから』と言われたので次の機会に熱々のかなり濃い緑茶を持っていき『やけど確実のあつーくて濃いお茶をお持ちしました』と言うと笑って喜んでいた。その後『おいしかったわ』と笑顔で言われた、その方が私の心のブラックリストから外れたのは言うまでもない。

職員について

事務所にいる人たちは施設長を含めやな感じの人は1人もいなかった。

看護師は10人くらいだったか他の階の人は会わないのだが私の階には夜勤を含め7人くらいいただろうか。やな感じなのは最初にクレーム言われた一人、良い人は看護師リーダー含め3人、あとはほとんど話したことが無いので良くわからない。そんなにやな感じなのはいないようだった。

介護職員。この施設の職員は8割くらいが社員だった。前の施設は3割派遣社員。最初のグループホームは8割パートだった。

この施設では不愛想な女職員2人。なんかやな感じの女職員が2人。普通前後の女職員5人くらいと良い感じの職員が男女含め10人くらいいたか。男職員は関わる事あまりも無い人もいたが嫌なのはいなかった。

キチガイレベルの女職員が一人いた。挨拶もしないムカつく言い方してくるタイプだ。やる必要のない仕事を『これやってないの?』って言ってきたこともある。何が気に入らないんだか。他の男職員にも挨拶もしないのを見た事もある。そいつと組むのはムカついて嫌なので職場で切れたくもないので次回のシフトを申し込む時にそいつとできるだけ組まないようにお願いするつもりだったが派遣切りされたので言う必要も無くなった。

休憩室の中に男と女のロッカールームの扉があるのだが2人の男職員はロッカールームにいる事があった。どうやら嫌な職員がいる時には落ち着いて休んでられないようでロッカールームの地べたに座り込んで食べてたりすることも見かけた事もある。確かに休憩室にキチガイや不愛想、嫌な感じの職員がいる時は休憩室はとてもギスギスした空気だ。

何度か不愛想達が休憩してるのに出くわしたが仕事の話をほんのちょっとするだけであとは全員スマホを見て全く話さない。こんな所じゃ確かに落ち着かないのだろう。若い時だったら私も落ち着かなかったかもしれないが年取った今は気にならない。

おしゃべりが大好きな私は良い人がいると世間話をして休憩を楽しんでいた。

外国人職員は一人もいなかった。

●問題点

サービス残業:残業ではないが早番の時、10分前位に職場に行っていたが新聞配る準備と入浴準備があるのでもっと早く来るように言われた。私が世の中で一番嫌いなのがただ働き。

朝が超弱いのに更にもっと早く来いとは私にとっては大変な事だ。朝、定時の7時の20分も前に来てる。その時間分の時給を要求できれば、まだいいが根が小心者の私には難しい。

でも派遣会社に言えば時給付けるか、そんなに早く来ないようにさせるとかは出来ると思うけど、結局裏で何か言われるかと思うと派遣会社にも言いにくいのでそのままだった。

少ない人員:驚いたことに私のいた階は満床24名の所入院者がいたりしたので18名しか入居者がいなかったが、それをなんと完全に1人で見ることも多かった。入ったばかりの私が1人になることもあった。驚きである。

手厚いと思っていた有料老人ホームがこれか。しかしある介護関係者によると高い有料老人ホームはそんな事は無いと言っていたが実際見てみたいので近々高級有料老人ホームにも派遣されてみたい。

勤務最終日

男性職員に『やめちゃうの?』と言われた。そのあとに施設長に『次、決まってるの?次の所終わったら戻って来てよ』と言われた。なんだろう間違えて派遣切りしたのかな。少なくともそんなに役立たずでは無かったようでそんな事言われてちょっとうれしい。まあ仕事も慣れたし若いかわいい女子も多い施設なのであのキチガイと一緒のシフトにならなければ全然いても良かったが私はいろんな施設を転々としたいという目標があるのでもう戻ることは無いだろう。たぶん。

借りていた制服上下は施設長に聞くと前回の施設同様クリーニングに出さなくても洗濯機に入れておけばいいとの事だった。

最後の日にロッカーを空っぽにして帰宅した。しかし靴を忘れて取りに戻った><みなさん辞める時は靴を忘れやすいのでご注意ください。

この施設もいい経験になった。よくしてくれた方々(*^▽^*)ありがとう。


最後まで見てくれてありがとうございます。あなたには確実に゚(゚´Д`゚)゚神のご加護があります。いないけど。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする