介護技術講習 3日目

ぽんたかのユーチューブ登録してくれたらうれしいな
ぽんたかのユーチューブ登録してくれたらうれしいな

あと2日で終わりだ。精神的にきつかった。

今日もマルイにスクーター停めて講習会に向かった。約500mはあるか、今の私の足ではかなりキツイ。20分以上早めに到着予定だったのに、今日も10分くらいしか早く着かなかった。

今回同じ班だった60歳くらいの女性が来ていなかった。もう5万円がパー(´・ω・)かわいそうに、どうしたのかな。わかんないけど、覚えが超悪い人だった。私よりも明らかに全然できてなかったから。あきらめちゃったのか、精神的にキツかったのか。来るだけで実技は免除になったのに。

そして到着してすぐ( ̄□ ̄;)げっ!エプロンが無い、やらかしてもうた。隣の席の女の子に言ったら『減点ですよ』だって><そう言えばそんな事を初日に言ってた。もう時間がない最初の時間はあきらめて、次の時間にダイソーで買ったが。4時間実技講習の内1時間エプロンが無かっただけだが結局減点だって、買わなきゃ良かった。

今回はかぶるタイプの上着持ってかなきゃ、そればかり考えてたせいかカバンの脇に置いといたのに、けっこうテンション下がる。

考えてもしょうがない。目の前のやるべき事をやることにした。さすがに3日目なのでけっこう分かりやすくなってきた。去年落ちた実技試験も、今受ければ99%受かる自身があるほどにだ。さすがにお金がけっこうかかるだけのことはある。

くだらない事ばかり書いてきたが今日はまともな記事を書く。

追記:2017年現在技術講習会は無くなってます。

以下に書く内容はこれから技術講習会を受ける人が前もって予習しておくと楽に講習会が受けられると思います。なぜなら講習会はそこで勉強すれば十分で家では何もしなくていいと思ってたのに、いざ講習会に行ったら><『帰ってからも復習もけっこうやんなきゃダメじゃん』だったから。

あとはこれから技術試験受ける人は大した量もない下に書いたポイントだけ集中してやれば95%受かると思います。私感ですが。参考にしてみてください。

私の考える重要ポイント

  1. 最初に名前を呼んであいさつ+コミュニケーション(例:今日はいい天気ですよ。散歩日和ですね)+体調を聞く(例:ヒザに病気のある人には、ヒザは痛くないですか)
    これはセットで覚えたほうがいいと思います
  2. これから何をするかを利用者に伝え同意を得る(例:ご飯を食べたので車椅子に移乗して自走していただいて洗面所に行き歯磨きをしませんか)※一度にいっぱい言うと分からなくなってしまうタイプの人もいるので、そういう人には1つ1つ場面場面で説明する。
  3. 同意を得たら次々にする事を指示する(例:これから立ち上がりますので浅く腰掛けましょう、腰を右左と前に出していただけますか)。
  4. 移動する時に到着するまでの通路は安全だと伝える(例:洗面所までの通路は安全です。左側に障害物はありません※左側が見えづらい人の場合)。
  5. 変化があるたびに体調や大丈夫か確認(例:立ってもらった時にフラつかないですか、しっかり立てていますか。車椅子押している時にこの速さで大丈夫ですか
  6. できることはやってもらう、出来るのに手を出したら減点です。
  7. 選んでもらう事の重要性、選択肢がある場合は必ず選んでもらう。(例:着るものが2つある時)、口頭だけの場合もあるかもです。
  8. イエスかノーで答えられる質問をする(例:✖体調はいかかですか、ヒザは痛くないですか※ヒザが悪い人の場合)
  9. 利用者のペースで立ったり座ったりしてもらう。
  10. ご利用者の羞恥心に注意する。
  11. 温度変化に注意する(例:布団を取る前に寒くないですか。外出するときに上着かひざ掛けを使いますか)
  12. これ言ったほうが良いかなと思ったことは言ったほうがいいです。言って原点はまずありませんが言わないで原点はかなりありえるので言ったほうが得です。

ポイント、注意点そんなになかったでしょ。これを参考にガンバってねヽ(*´∀`)ノ

これで95%合格だ。たぶん。

そうそう最後に去年私が実技試験に落ちた原因がこれから何をするかを利用者に伝え同意を得るだと思っていたので同意を得ようとしたが3種類質問しても返事が無い、どうしようと考えてるうちにだいぶ前半で『しゅーーりょーー』の合図ヾ(`Д´*)ノふざけんじゃねえよ。超頭に来た。あとで分かったが動かなくてもそのままよっぽどの危険行為じゃなければ無理にでも先に進んだほうが良かったそうだ。無理にでも最後まで行けば良かった。ε=(・д・`*)ハァ…

でも今年で実技試験はなくなるので今回書いた事はあまり意味が無くなってしまう。

はい(*´∀`*)最後まで読んでくれてありがとね。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする