高齢者が危ない!仏壇の恐怖

ぽんたかのユーチューブ登録してくれたらうれしいな
ぽんたかのユーチューブ登録してくれたらうれしいな

仏壇でのお年寄りの火の扱い

そうなんです。高齢者にとって仏壇にお線香をあげるのは大変危ない事だったんです。と気づきました。

たまに遊びに行ってるんですが、アパートの隣の98歳のおばあちゃん(他人)の所に夜ご飯を持って行き一緒に食事して食べ終わって、おばあちゃんの部屋にお線香をあげる所が5ヶ所あるんですが手前の神棚みたいな所にお線香をあげて奥の方の仏壇の方に行ったんです。

すると私から1mと離れてない神棚の中のマッチ入れから高さ20センチくらい火が出ていたんです。慌てて消したんですが、いつもは入ってる水も入ってなくてフタもしてなくて中にあった10本くらいのマッチが燃えていたんです。その火は天板に当たっていました。消さなかったら、もしかしたら火事になっていたかもしれません。今までは気にしてなかったんですが、よく考えたらそこら中に焦げた跡があるんです。

一旦帰った私ですが、さっきの火柱を見てしまったので、火事になる恐怖で落ち着かないのでおばあちゃん所にまた行って、火事になったら大変だから今後お線香をあげることを考えようと言いましたが、おばあちゃんはすごく認知症というわけでは無いけどやはりとても頑固なところがあり、ローソクは電球式のにしてくれると言うんですが、線香は電気式じゃ絶対ダメだと言い張るのでその場で何かいい方法は無いかとネットで探していると火を使わずにお線香に火が付けられる道具が売ってるじゃないですか。

最初は怒っていたおばあちゃんでしたが、最後には『確かに危ないわよね』と納得してくれ、それらを使うことを了承してくれて、今は一安心。


今回見つけた焦げの跡

落とした線香の燃えた跡がいっぱいあります。木のところの倒れたロウソクで燃えたような焦げなんて火事にならなくて良かった。

SnapCrab_NoName_2016-4-7_14-4-7_No-00 SnapCrab_NoName_2016-4-7_14-3-46_No-00 SnapCrab_NoName_2016-4-7_14-3-21_No-00
SnapCrab_NoName_2016-4-7_14-2-46_No-00 SnapCrab_NoName_2016-4-7_14-2-28_No-00 SnapCrab_NoName_2016-4-7_14-1-23_No-00
SnapCrab_NoName_2016-4-7_14-1-52_No-00 SnapCrab_NoName_2016-4-7_14-1-4_No-00

実は危ない仏壇の火の扱い

お年寄りだけでなく小さい子供もいじってしまうかもしれない仏壇の火。高齢者や小さい子供が扱うのは不安だと思います。

今まで全然気にしてなかったんですが、今回目の前で火がボーボー出てるのを見てしまったので、私はそれから不安になってしまいました。

そんなご家庭には今回ご紹介する火を使わないグッズが良さそうです。

電気ローソク

SnapCrab_NoName_2016-4-7_14-0-47_No-00

このように電気でローソクに火が付いたように見えるものです。

電池式もありますが、交換するのも面倒だし何回も交換すれば電池代も高くなりますので、こだわりが無ければ電源コードで電源を取るタイプがオススメです。
下の2つは高さが16.5センチです。


左が電池式。単3乾電池2本、高さ17センチ。 右の白い方は電源コード式でコードの途中にスイッチがあるタイプです、高さ18センチ

セーフティチャッカ:電池式 お線香専用着火器

こちらは乾電式で上の穴にお線香を入れ正面のボタンを軽く10秒くらい押せばお線香に火がつくという物です。火を使わないので安全です。

電気線香

お線香も電気でも構わないという方には電気お線香もあります。これと電気ローソクでお線香をあげれば安心ですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする